肌の若返りは血管年齢から お肌の見た目が実年齢より若く見える人もいれば、老けて見える人もいる。その差は血管年齢にあるという実験結果が、テレビで紹介されました。
(MBS毎日放送「駆け込みドクター・血管若返りスペシャル」平成27年3月15日)

お肌のシミが紫外線のせいであるとはよく知られているのですが、この番組によれば、このシミもまた、血管の老化によってもたらされるのだそうです。

血管年齢が高いと、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を招く原因となるだけでなく、肌の状態にも悪影響を及ぼしてシミなどが出来やすくなるのです。
それは、当然といえば当然のことですね。

肌は肉体の一部です。
肉体全体の生命力を強化することが、肉体の一部である肌ぢからの強化につながるのは言うまでもありません。

肉体のほかの機能は衰えても、お肌の機能だけは若々しく保ちたい、と願うのははかない女心かもしれませんが、それは無理です。諦めて下さい。

肌ぢからは肉体の生命力の基礎があって始めて発揮されるものです。

肌ぢから向上させたいのであれば、肉体全体の生命力を向上させる必要があります。
肉体の一部の顔の皮膚だけを何とかしたいと思うのは、残念ながらはかない夢でしょう。
それは、赤ちゃんや幼児のお肌ぷるぷるを見ればよくわかりますでしょう。
赤ちゃんや幼児は、生命力が旺盛ですので、化粧品など使わなくてもお肌プリプリなのです。

→ 赤ちゃん・幼児の肌は天然クリームのおかげでプリプリ

人は血管と共に老いる

「人は血管と共に老いる」と言われます。
口から取り入れた食物が、胃腸で消化されて、血管によって身体全体の細胞に運ばれます。
その血管が古びてしまっては、折角の栄養素も、身体の隅々の細胞まで行き渡らなくなります。

お肌の状態を美しく保ちたい、と思うのであれば、身体全体を調えることに注意すべきですね。
とりわけ、血管の若返りをはかるように努力するのは、お肌を若返らせることに繋がるのです。

血管を若返らせる「ゾンビ運動」

上記のテレビ番組「駆け込みドクター・血管若返りスペシャル」では、簡単に血管を若返らせる方法として、「ゾンビ運動」を薦めていました。

●「ゾンビ運動」のやりかた
背筋を伸ばし、肩の力を抜き、ジョギング程度の足踏みをしながら、手を「だらしなく」ぶらぶらさせます。
これを1分ほど続けて、休憩をとります。それを3度くりかえして、1セットとします。
ゾンビ運動は、1日3セットを1週間も繰り返すと、それだけで、血管年齢がかなり若返るそうです。

あなたも血管の若返り運動で、肌ぢから増強に努められたらいかがでしょうか。